防水ジッパーを選んで優れた断熱ジッパー付きトートバッグを作る

プレミアム防水ジッパーを備えた断熱トートバッグで、利便性の本質を発見してください。温度管理と保護に最適、シームレスな日常生活のために実用性と品質を選択してください
目次

私たちの日常生活では、特に気温が変動する場合、断熱性だけでなく防水性も備えたトートバッグが必需品となることがよくあります。食品や飲料の温度を維持する要求が高まるにつれ、高品質の防水ジッパーを備えた断熱トートバッグを選択することが重要になります。

ジッパー付き断熱トートバッグを選ぶ理由

指先で温度制御


優れた断熱性能で人気を集めているインシュレーテッドトートバッグ。断熱層の追加により、このバッグは内部の温度を一定期間維持することができ、必要なときに食べ物や飲み物を希望の温かさ、または冷たさに保つことができます。

防水性が鍵


ジッパー付き断熱トートバッグの防水ジッパーのデザインが最高のアクセントです。雨天や偶発的な水しぶきの際には、防水ジッパーがバッグ内のアイテムを湿気や雨から効果的に保護し、食べ物や貴重品を安全に保ちます。

高品質のジッパー付き保冷トートバッグの選び方

防水定格


まず第一に、防水性能に注意を払うことが重要です。 一般的な防水ジッパーの定格は IPX-1 から IPX-8 まであり、さまざまなシナリオに適したレベルが異なります。適切な防水評価を備えた断熱トートバッグを選択すると、特定のニーズに基づいて選択できます。

防水定格説明
IPX-0防水保護はありません。このデバイスには特別な防水保護手段がありません。
IPX-1通常使用時で10分間に3~5mm/分の降雨に相当する防水保護を提供します。
IPX-2基本的には IPX-1 と同じですが、15 度の全方向の飛沫試験に耐えることができます。
IPX-360度の角度で飛沫防水保護を提供し、10リットル/秒の流れと80〜100n/mの圧力に2〜5分間耐えます。
IPX-4IPX-3 に似ていますが、あらゆる角度からの包括的な飛沫保護を提供します。
IPX-5全方位防水保護を提供し、12.5 リットル/秒の流れと 30n/m の圧力に 2 ~ 3 分間耐えます。
IPX-6大波に対する保護を提供し、水深 3 メートルで 2 ~ 3 分間の浸水、100 リットル/分の流量、100n/m の圧力に耐えます。
IPX-7水深1メートルに30分間浸漬可能。
IPX-8完全防水なので水中での連続使用に適しています。
防水規格の説明

材料と絶縁層


次に、材料と断熱層の設計に焦点を当てます。高品質の断熱トートは通常、外層に環境に優しい素材を使用し、優れた断熱性能を確保するために PE コットンなどの断熱層を組み込んでいることがよくあります。

ジッパーの品質

防水定格ジッパータイプ説明
IPX-4韓国製防滴ジッパーコスト効率が高く、毎日の使用に適しており、中のアイテムを雨から効果的に保護します。
IPX-5/6国産気密ジッパーより高い防水評価により、高湿度やより強力な防水性能が必要なシナリオに適しています。
IPX-7輸入樹脂ジッパー、
例: YKK、TZZIP
より過酷な環境に適した高度な防水性能を提供し、中のアイテムを乾いた状態に保ちます。
クーラーバッグのジッパーの選択


最後に、ジッパーの品質も見逃せません。 クーラーバッグメーカー 韓国製防水ジッパーから輸入樹脂ジッパーまで豊富なオプションを取り揃えており、品質保証と実用耐久性を確保しています。

ご購入時や カスタマイズする ジッパー付き断熱トートバッグの場合、これらの要素が重要な考慮事項となります。高品質の断熱トートバッグは、日常のニーズを満たすだけでなく、あなたの生活に利便性を加えます。賢く選んで、快適で快適な生活を楽しんでください。

共有:

今日のカスタムクーラーバッグ

他の投稿

ドライバッグ・メーカー

How to Keep Your Phone Dry and Functional While Swimming

During the summer at the beach or by the pool, we always want to enjoy swimming without worrying about the items we carry with us, such as our phones, wallets, and keys. Here are some effective methods to help you keep these items dry while swimming.

カスタムクーラートートバッグ1

カスタムクーラーバッグはビジネス開発にどのようなメリットをもたらしますか?

クーラーバッグ製造業界は、過去数十年にわたって、消費財製造の幅広い分野を含め、著しい成長を遂げてきました。今日では、カスタマイズが新たな標準となり、市場の期待に応えるために、ほぼすべての種類のクーラーバッグ製品をカスタマイズできるようになりました。カスタムクーラーバッグの用途がさまざまな業界やセクターに拡大し続ける中、その数多くの利点に注目し、それがどのようにビジネスの成長を促進できるかを分析することが重要です。これらの利点について詳しく見ていきましょう。

ドライバッグメーカー04 (1)

カスタマイズ・クーラーバッグの正しい素材と印刷方法の選び方

クーラーバッグをカスタマイズするには、適切な素材と印刷方法を選択することが重要です。クーラーバッグは食べ物や飲み物を持ち運ぶための容器としてだけでなく、アウトドア活動中にアイテムを新鮮に保ち、保温するための不可欠なツールとしても機能します。カスタマイズしたクーラーバッグの素材や印刷をどのように選べば、お客様のニーズに確実に応えることができるのか、掘り下げてみましょう。

ドライバッグとは何ですか、ドライバッグは何に使用され、どのように機能しますか?

アウトドア活動において、ドライバッグはギアや食料を水や湿気から効果的に保護する必須の装備です。この記事では、ドライバッグとは何かの定義と特徴、ドライバッグのさまざまな種類とその違いを紹介し、ドライバッグの防水設計原則を分析し、アイテムを水や湿気の影響からどのように保護するかについて説明します。